六本木でヤミ金から借りる

気づいたらヤミ金業者からも借金をしていました…そう話すのは取材をしたI氏。I氏は奥さんと幼い子供3人の5人家族である。六本木の中の下町と呼ばれるエリアで暮らしていた。生活が苦しくなり度々金融機関

からお金を借りてはしのいできた。しかしだんだんと借金も膨れていき、しまいには返済不能になってしまい自己破産。そこでまた再起を図るがやはりまた同じような状態になっていく。このままでは家族を食わしていくことができない、今日の夕飯代すらない…そんな時に出会ったのがヤミ金業者の男だった。うちならブラックでもOKですよとその男は言った。I氏はそこがヤミ金業者だとはわかっていながらも金を借りた。その時は不思議と「ありがたい」とそんな風に感じてしまったそうだ。しかしそこからはヤミ金に利息を返す日々。ヤミ金に返すためにまた違うヤミ金からお金を借りる…気づけば5社から120万を借りていた。しかたなくそこでヤミ金 相談 六本木に電話をかけた。救済措置はとってもらったが、この問題はまだ解決していない。