自己破産でもカードは作れる

クレジットカードやローンの審査の際に必ず見られる個人信用情報を見て自己破産をしてるのを確認されてしまうと再びカードを作るのは数年間無理でしょうね。基本的には自己破産した方は、5~7年くらいの間、ローンを組んだり、クレジットカードをやカードローンを取得することは難しいといわれています。

でも、私の友人は自己破産をして、まだ1年しかたっていませんが、クレジットカードを作ったと自慢しているんですよ。よくよく、いろいろ聞いてみましたら、そのカードが外資系の会社のクレジットカードだったんですね。では何故、破産の記録を全銀協で参照したのに外資系の会社は審査を通したのかと言うと、外資系の会社の場合は破産をしたという過去の事実よりも、現在の収入や属性を重要視してきちんと支払えるか調査をした上で発行しているからなんですよ。このように、日本の場合は過去の実績や行動を審査基準にしていますが、外資系のクレジットカードは現在の属性重視で発行審査をするという強い欧米文化を審査にも反映してますので現在の属性さえよければ発行の可能性があるという事です。
しかし、このように「自己破産したらカードは作れない」という事実は間違いであるということも知っておきましょう。
フクホーは即日融資とのクチコミや評判/フクホー審査必要書類