クレジットカードの利用で手数料を上乗せされたら

クレジットカードの普及により、誰もが当たり前のように所有している時代になっています。
クレジットカードとはどういう機能を持っているかを知ることで、賢くクレジットカードが利用できます。ちょっとした買い物で支払いをする際にも、クレジットカードを利用すると言う人がいることは確かです。

クレジットカードでは、一括払いでカード決済をしているうちは、手数料が発生しないという仕組みになっています。ただし、クレジットカードと提携している店舗の中には、提携店舗がクレジットカード会社に支払っている手数料の一部を、商品価格にプラスしていることがあります。レジで支払いをする段階で、カード払いの場合では、5%とか7%程度の手数料を上乗せをした金額で支払いをするように店側からいわれたりするのです。このような手数料の上乗せは、カード会社と加盟店の間では禁止になっている事項であって、本来あってはならないことです。そのため、クレジットカードで支払う時には、現金決済の時より手数料分が多くなるとお店が言ってきた時には、気をつけなければいけません。本来禁止されていることですが、商品を購入するには、手数料を上乗せした金額を支払わなければなりません。もしも手数料を払うことを拒否したいなら、現金払いに切り替えるか、そのお店で品物は買わないということになります。それでいいと納得ができれば、手数料をつけた状態で、クレジットカード決済をすればいいだけです。ぜひとも手数料について詳しく勉強していただいて、クレジットカードを賢く利用していただきたいものです。