カメの日光浴

近くの小さな川沿いを散歩していたら、カメたちが岸に出てきて日光浴していました。家から歩いてすぐの小さな川などですが、どこにこんなにもカメがいるのかと思うほど多くのカメが岸に出てきて、みんな一斉に日光浴していました。

聞いたところによると、カメも日光浴が必要なようです。甲羅干しともいうそうで、生きていくために必要な行為なんだと知りました。それにしても暖かい午後の日差しを浴びながら日光浴するカメたちの姿はとても気持ちよさそうでした。私の散歩コースは、川沿いに遊歩道が整備されているところで、ずっと続いている道で、ところどころにはベンチも設置してあります。散歩にはもってこいの良い場所で、カメたちも見れて、とても良い場所です。カメだけでなく、川に住んでいる鯉やフナも上から泳いでいる姿を見ることができます。運がいいとヌートリアにも会うことができます。日光浴しているカメは以前にも見ましたが、今回のような大規模な日光浴は初めてで最初目に入ったときはその数の多さに驚きました。しかし、よく見ると小さいカメも大きいカメも甲羅を並べて仲良く並んでおり、また、目をつぶって寝ているようなカメもいれば、首を完全に甲羅の中にひっこめているもの、ゆっくりですが首をあちこち動かして、目もきょろきょろしているものなどなどそれぞれのカメたちがみんな違っていて、とても面白かったです。とても平和でよい風景だと思いました。こんな風景が未来までずっと残ってほしいと思いました。
闇金相談