昨日もう絶対に届かないと思ってた借金の請求が届いたんだけど

昔の借金をかえさないままでいるからいつまでもブラックなんだけど、何年も前に夜逃げして返済をばっくれたから返済からは逃げ切ったと思ったのに昨日レイクから督促状が届いてしまったのがショック。もう絶対連絡がこないと思ってたのに。

ブラックリスト入りしてしまった場合、その見聞がどれだけの期間居残るかが気になる事でしょうがこれはブラックリスト入りした理由や信用情報開示組織によっても違いがあります。

個人信用情報開示組織は日本には3つあり、国内信用情報開示メカニズム(JICC)、日本銀行個人信用情報開示まん中(KSC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)がありそれぞれが共に見聞をシェアしあっている。

ただ、見聞を記録しておる期間は別違う。

ブラックリストはないんですね。

信用情報開示組織を知らない人が多いようですが、カードやローンを契約するときに参入書にどのこ信用情報開示組織に見聞提供すると必ず書いています。

金字塔厳しいのは銀行系の日本銀行個人信用情報開示まん中で破産をした場合には10クラス、任意整理、代位返金、遅滞があった時折5クラス記録されることになります。

CICは多くがクレジットカード系の信用情報開示組織ですが、破産の場合には7クラス、任意整理、遅滞の場合には5クラス記帳が残ります。

国内信用情報開示メカニズム(JICC)では、絶対キャンセル、破産、任意整理は5クラスですが遅滞の場合には1クラスで記帳が抹消されるのでJICCで遅滞を通してしまってブラックリスト入りした場合には他と比べると早い段階で回復することができます。

それに加えてさらに覚えておきたいのはこれらの見聞が立ち去るのは、アクシデントの射出から別日にちが経過する必要があるので例えば遅滞をしている実情が続いているのであれば、遅滞を解消しない以上はずーっとブラックリストから抜け出すことができません。

日にちがたてば見聞が削除罹るということではありませんので注意が必要です。

なのでちゃんと皆済してからの期間となりますので敢然と解決しないといけませんね。

参考にしたいのがhttp://xn--eckwa5p159joou.jp/になります。