JICCに実際に開示請求できた

以前サラ金に借りて返済が滞ってブラックになったことがあるのでJICCに開示請求することになりました。借りた後にスキーで転んで足を複雑骨折して返済日を何ヶ月も過ぎてしまったんですよね。もちろんきちんと返済しましたが入院している間は家電にも出れなかったので逃げたと思われてしまったんです。

クレジットカードにおいて決済の時にポッケ引き落としで残金が残っていなかったり、使いすぎが原因で後れしてしまうこともあるかもしれません。

こうした財政事故情報は信用情報cic役所にて保存されている。

クレジットカードの場合、多くはCIC(団体シーアイシー)に要請情報や適用遍歴が保持されるので、自分自身の事故情報を確認したいときはCICで公表請求してみましょう。

開示するためには1000円の手間賃が必要です。

申し込みから最速1ターム程度で確認することもできます。

スマフォやPCで信用情報cicを開示することもできるので、クレジットカードや貸し出しを頼む前に調べたいという方も気軽に利用できるのがいいですね。

対応時間は8:00-21:45で年末年始も利用することができます。

ちなみにネットで開示する場合はクレジットカードで公表手間賃を払います。

手続きの前に準備しましょう。

信用情報cicを開示するには信用情報cic役所に行き方すればいいんですね。

信用情報cicの確認技はPCやスマホからだけなのでしょうか。

別の技も見て見ましょう。

信用情報cicの公表はスマフォやPC以外にも郵便・ターゲットでの確認が可能です。

郵便の場合は要請から10日光程度で家にレポートが届きます。

ターゲットの場合はウィークデイの10-12時、13-16時が進行やれるタームとなっているので、その時間にあわせてターゲットへ行きます。

信用情報cicは大切なプライバシーとなるため自分以外は確認することができません。

おすすめサイトはJICCで信用情報を開示するにはになります。

たとえ家族であっても本人の納得なしではアクセスはできません。

公表したことは誰にも漏れることはないので安心できますね。

クレジットの事故情報が残っているといった真新しい貸し出しを組むのに面倒影響を及ぼします。

事前にチェックしておくことが大切ですね。

ターゲットや郵便も対応してくれることがわかりました。

まず信用情報cicを確認しておくことは重要ですね