ローンを借り換えると損をする?

ローンを借り換えると、金利が下がり支払利息が安くなることがあるため、借り換えをすると得になるという話を聞いたことがある人もいるかと思います。ですが、これはケースバイケースで、実はローンを借り換えると損をする人もいます。

ローンの借り換えの場合には、借り換えを行う前と借り換えた場合の支払総額をしっかりとチェックする必要があります。ローンの借り換えの時には、よく金利が下がるために支払い利息が安くなります。という説明を受けることがあります。確かに金利が下がれば支払利息は安くなりますが、ローンの借り換えの際にはさまざまな費用が必要になり、この費用を合わせて考えると、結果的に金融機関に支払う総額が高くなってしまうことがあります。

さらに、複数の金融機関からお金を借りている多重債務状態の人が、おまとめローンなどに借り換えを行うことで、過払い金請求を行うことが出来なくなってしまうこともあります。

過払い金請求というのは、貸金業法が改正される前から融資を受けていた人が、上限金利を超えた状態で返済を行っていた可能性があり、その上限金利を超えていた部分を返還してもらうというものです。おまとめローンに借り換えるとこの過払い金請求が出来ず、結果的に損になってしまう危険性もあります。